2009年04月04日

すべてを押し潰すまで、あと一息


defaultCAN3ASQ3.jpg (定年退職した都立三鷹高校長・土肥先生の非常勤教職は不合格)
 東京都教育委員会は、石原知事による全体主義的支配の道具となりはてています。都教委は、土肥先生のような、これほど人間的な方をやっぱり排除しました。東京地方裁判所の判事も同じ支配の片棒をかついでいます。思想・信条・良心の自由は誰がまもるのでしょう。闇は、深まるばかりですが、どこにどんな光を探したらよいのでしょう?
「モノ言えぬ教育現場に」都立三鷹高校土肥信雄校長
土肥校長を支える集会に1000名が結集!
「君が代」処分をするな!都教委要請に50名!
根津公子らをクビにはできなかった!〜都教委が不当処分発令
「君が代」不起立裁判、2本の不当判決!
posted by みつのぶ at 10:42| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一学年に8クラス40名の大きな高校なのに、3年生全員の顔と名前、そして1.2年生の顔と名前もほとんど覚えていて、名前を呼び、語りかけてくださっていた土肥校長先生。部活にもはいっていない、目立たないうちの子の名前まで覚えてくださっていたことを子供から離任後に聞いて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。自分が属している場所を愛するということを、身をもって、教えてくださったすばらしいリーダーだったとおもいます。まだまだ若くてお元気なので、これからも教育現場で活躍してくださったらどんなにかよかったのですが、ほんとうに、とてもとても残念です。これからも、土肥先生のパワーを生かせるような場所が、与えられますように、祈る気持ちでいっぱいです。
Posted by 上田圭委子 at 2009年04月07日 16:41
今度、また土肥先生の講演があるみたいです。以下、友達からの情報を、貼り付けます。よろしくお願いします。


さて、表記、今週の土曜日は、土肥先生の講演会です。なかなかおもしろい内容
になっているので、ぜひ、いらしていただきたく、以下、ご案内です。

『モンスター都教委さま、裁判へようこそ!〜学校に言論の自由を求めて〜』
2010・2・6集会
【概要】
主催:土肥元校長の裁判を支援する会
日時:2010年2月6日(土)午後6時20分会場
午後6時45分開演(終了9時30分予定)
場所:府中グリーンプラザ「けやきホール」京王線府中駅北口徒歩1分(042-360-3311

参加費:資料代500円
【プログラム】
●裁判経過報告
「土肥元校長が問いかけるもの」吉峯啓晴(弁護士)
「都教委の反論に再反論する」土肥信雄(元三鷹高校校長)
●お話
「国民の教育権からみた職員会議」醍醐聰(東京大学大学院教授)●3人トーク
「教育と言論の自由―生徒のための教育行政を考える」尾木直樹(教育評論家 
法政大学教授)最首悟(和光大学名誉教授)土肥信雄
●応援メッセージ
森田実(政治評論家)●映像証言「これが、われらの校長!」都立三鷹高生(卒
業生)
Posted by 上田圭委子 at 2010年02月02日 10:18
先日、マザーテレサ映画祭に行きました。
20年ぶりにみた、「母なることの由来」とてもとてもすばらしかったです!
2月14日まで、恵比寿駅東口から7分です。
www.motherteresa.co.jp
Posted by 上田圭委子 at 2010年02月05日 08:50
昨日、土肥先生の集会に行ってみました。司会を、三鷹高校の卒業生の女の子たち2人が担当なさっていて、とても好感の持てる会でした。

学校は、子供たちのためにある、その原点を再確認するとともに、言論の自由が不当に抑圧され、子供たちのために、自分の意見を堂々と表明する人間が不利益を蒙るという今回の出来事を、一市民として、黙認していてはいけないなあとあらためて思いました。

裁判は、まだ続いているので、また、みつのぶ先生が、とりあげてくださると、うれしいです。3人トークのなかでも、土肥先生が、教育基本法の改正の影響に懸念を示しておられました。このブログも、今後とも、ぜひ、続けていただきたいなあと、それを聞きながら、おもいました。
Posted by 上田圭委子 at 2010年02月07日 08:59
今日は、思い切って、東京地方裁判所の土肥先生の裁判の傍聴に出かけました。はじめての裁判所。霞ヶ関にあって、「ほんとにここって、自分が入っていいのかな?」と思いつつ、建物の中に入りました。飛行機の搭乗とおなじように、荷物検査のゲートをくぐりました。傍聴のほうは、結局、満席で、席がなくて、立ち見は不可能とのことだったので、帰ってきましたが、支援の傍聴の方がいっぱいいたのを見届けられたので、満足でした。
明後日は、三鷹高校の卒業式、土肥先生のご定年から、1年です。土肥先生の示してくださった生き方が、卒業してゆく鷹校生たちの、これからの人生のなかで、思い返され、支えとなる、そんな日が、きっとあるだろうとおもいます。子供も卒業ですが、これからも、かげながら、土肥先生を応援できればいいなとおもっています。
Posted by 上田圭委子 at 2010年03月11日 19:45
このブログでも取上げられている、根津先生や、土肥先生、そしてキリスト者で君が代の伴奏を拒否なさっている佐藤先生の3人を取上げた映画の上映があるそうです。以下、情報を貼り付けます。

映画「“私”を生きる」



―完成記念上映会−

【映画「“私”を生きる」とは】



東京都の教育現場で、急激に“右傾化”が進んでいる。卒業式・入学式で「日の丸・君が代」が強制され、教師たちの言論は、厳しく統制されてきた。

その「教育の統制」の巨大な流れに独り毅然と抗い、“教育現場での自由と民主主義”を守るため、弾圧と闘いながら、“私”を貫く教師たちがいる。



 これは「教育」問題や「日の丸・君が代」問題を論じるドキュメンタリーではない。

日本社会の“右傾化”“戦前への回帰”に抵抗し、“自分が自分であり続ける”ために、凛として闘う、3人の教師たちの“生き様”の記録である。                                    





―出演―





【根津公子】(中学校教員・家庭科)



 卒業式・入学式の「国歌斉唱」で不起立を続け、3年にわたり、「6ヵ月の停職処分」を受けてきた。



「『教員を続けるために起立しては』と言われるけど、私は『今の状態は危ない。上からの命令に黙って従うことは恐ろしい明日を創ってしまう』と子どもたちに身体ごと訴え、伝えていく責任があります。それが今一番必要な教育だと思っています」





【佐藤美和子】(小学校教員・音楽専科)



キリスト者として、天皇制につながる「君が代」伴奏を拒否し、何度も理不尽な異動を強いられてきた。



「辛いと感じる自分の存在に意味があると思えるようになりました。カナリヤが炭鉱の危険を知らせるように、強制がもたらす苦しみ、今の学校の危険、この国が進む方向の危険を知らせる役割を担うことができれば幸せだし、それが私の役目だと思えてきたんです」







【土肥信雄】(元三鷹高校校長)



 都教育委員会による学校現場への言論統制に、現職の校長として初めて公に異議を唱えた。



「教育がどんどん右傾化している。言論の自由がなくなったときに、戦前の日本に戻るのではないかという恐怖心があります。以前は不安でも言えなかったが、今言わなければ、あの時の一点になっていなければ後悔する、その後悔だけはしたくなかったんです」







―スタッフ―



【監督・撮影・編集】  土井敏邦



【編集協力】 森内康博(らくだスタジオ)

【デザイン】 野田雅也

【製作】     「“私”を生きる」制作実行委員会(代表・橋倉須美子)



               【上映会のご案内】





【日時】 2010年4月18日(日) (開場)午後1時半 (開演)午後2時



【場所】 明治大学駿河台キャンパス リバティータワー(地下1F 1001教室)

    (JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線/「御茶ノ水」駅下車 徒歩3分)

       http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html



【参加費】 500円(会場費として)

      学生は無料



【共催】  「“私”を生きる」制作実行委員会 /現代史研究会



【連絡先】 (メール):doitoshikuni@mail.goo.ne.jp

     



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土井敏邦 (DOI , Toshikuni)
URL : http://www.doi-toshikuni.net/
          (コラム「日々の雑感」)

『ガザの悲劇は終わっていない』
          (岩波ブックレット/7月7日出版)

映画「沈黙を破る」
URL : http://www.cine.co.jp/chinmoku/
 
DVD発売 2010年3月5日から
Posted by 上田圭委子 at 2010年03月24日 11:58
たびたびのコメントですみません。前回のコメントで映画の上映が、4月18日とされていたのですが、変更されて、4月11日となったそうです。


【上映会のご案内】





【日時】 2010年4月11日(日) (開場)午後1時半 (開演)午後2時



【場所】 明治大学駿河台キャンパス リバティータワー(地下1F 1001教室)

    (JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線/「御茶ノ水」駅下車 徒歩3分)

       http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html



【参加費】 500円(会場費として)

      学生は無料



【共催】  「“私”を生きる」制作実行委員会 /現代史研究会



【連絡先】 (メール):doitoshikuni@mail.goo.ne.jp

     

・・・・
Posted by 上田圭委子 at 2010年03月26日 09:25
とてもうれしいニュースがあったので、貼り付けさせてください!
***************
支援する会 ニュース 2010/4/25
***************
★土肥先生、大学の非常勤講師に! (その2)
立正大学(『生活指導の研究』約20名)と法政大学(『教職入門』約120名
)の授業は、早くも人気の講義になっているようです。土肥さんもまた学生さ
んたちからエネルギーを貰っています。
土肥さんの高校非常勤講師の道を阻んだことが、土肥さんがあちこちで広く仲間
を作り出し、新しい教壇に立つ機会にもなったのです。
このような事態を「虎を野に放つ」といいます。
こんなふうに「頭のいい」都教委に、教育を任せておいて大丈夫なんだろうか…
…。やっぱり心配。

☆土肥信雄
昨年4月三鷹高校を退職して、全国各地での講演会そして裁判を通して多くの方
と知り合い、多くの方に応援してもらい、寂しさは全くありませんでした。た
だ私として少し残念だったのは、生徒(子ども)と接する機会がなくなったこと
でした。その中で昨年ICU、文教大学、獨協大学、立正大学で特別授業を
行った時の楽しさは忘れられませんでした。幸いなことに、4月から非常勤講師
として勤めることになったのです。
「捨てる神あれば、拾う神あり」私の今の実感です。世の中、悪い人たちだけで
はないのですね。人間の優しさを感じることが出来ました。

☆大学生
◎ テレビで見たことがあるのでまさかと思ってびっくりしました。とっても熱い
先生で楽しいので楽しいタメになる授業期待しています。
◎ 先生のおっしゃることには正論が多いと思いますが、一部は私とは違うものも
ありました。その疑問が解けるように、半期勉強したいと思います。
◎ 久々というか、初めてに近い「考えさせられる授業」というものを受けました
。正直、土肥先生の授業を受けれるというのはラッキーだと思いました。楽
しく、寝るのがもったいない内容でした。
◎ エネルギッシュな授業でとても楽しかったです。私は教職をとるか迷っている
のですが、先生の授業は面白くて是非とりたいと思いました。動物と人間の
話や人間の評価どれも興味深かったです。

Posted by 上田圭委子 at 2010年04月28日 23:06
またまた私ばかりコメントをつけてすみません。
5月27日の土肥先生の裁判も、傍聴の方があふれたそうで、うれしいニュースなので、貼り付けさせていただきます。また、10月には四谷で集会を開催予定だそうです。集会のための原案を、6月19日に支援する会の全体会というので話しあうそうです。10月の集会のほうは、自分も、行きたいなあとおもっています。
転送歓迎】
***************
支援する会 ニュース 2010/5/29
***************
★第6回口頭弁論報告
5月27日(木)の傍聴席は満員、10人以上が入れないほど、集まってくれまし
た。
今回はこれまでにない傍聴人の広がりでした。
土肥先生の授業を受けている法政や立正大学の学生さんが来てくれたのです。若
い力が支援に活かされる希望が持てます。一緒にがんばろっ!

☆尾木直樹法政大学教授の鑑定意見書を提出
教育の本質と教育行政のあり方をシャープに提起。尾木さんは高校や中学校の先
生でした。意見書も、現場教員としての経験や研究活動が立論の基礎にありま
す。
浪本立正大学教授の鑑定意見書は次回提出の予定。
また、原告(土肥)、被告(都)双方の新たな準備書面も提出されました。

☆土肥さん、閉廷後「報告会」で
「大嶽先生の裁判ではいい判決が出てよかった。鑑定意見書を3人の先生が書い
て下さり感謝する。
そして陳述書(生徒や保護者)は現在までに66通も寄せてくれて、大変うれし
かった。
都教委の反論の書面を読むと気持ちが暗くなる。なぜ毎回ウソを書いてくるか。
これがまかり通ったら 日本はどうなるか。」
う〜ん、都教委がひどすぎて、土肥さんは「憂国の士」になりつつあるか。
でも、大丈夫。陳述書は100通にもなりそうな勢い。生徒や保護者に気持ちは十分
に通じてます。
次回予定は、6月28日(月)午前10時半〜 527号法廷です。

*このニュースメールを転送で読まれた方、読者になってください。
連絡はこちら→dohishienn...@gmail.com
Posted by 上田圭委子 at 2010年06月01日 16:09
暑いですが、皆様、お元気でお過ごしでしょうか。たびたびで、恐縮ですが、また、土肥先生の裁判と集会のお知らせを貼り付けさせていただきます。今度は、わたしも、ちょっと勇気をだして集会のお手伝いをさせていただきたいなあとおもっています。皆様、お忙しいと思いますが、もしもご関心のある方がいらしたら、どうか、ご参加、ご支援、よろしくお願いいたします。

【転送歓迎】
***************
支援する会 ニュース 2010/8/24
***************



★9.4全体会
10月2日の集会に向けて、準備する全体会を行います。
全体会には、土肥先生に心を寄せてくださる方は、どなたでも参加できます。
10・2集会のお手伝いをやってくださる方、ぜひ、ご参加ください。
・場所 東京大学 農学部1号館地下の生圏システムの会議室
・時間 午後2時
農学部キャンパスに一番近い駅は、地下鉄南北線の「東大前」です。
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/images/il-map-annex.jpg

★ホームページ
『支援する会』ではホームページを立ち上げました。
これまでのブログより、土肥問題が格段にわかりやすくなりました。
まだ、検索エンジンに掛かっておりませんので、「土肥元校長の裁判を支援する
会」で検索しても、旧ブログに行くだけだと思います。ごめんどうですが、お
早く見たい方は、下のURLで覗いてみてください。
http://www.dohi-shien.com

★第8回口頭弁論
・9月2日(木) 午前10時〜 東京地方裁判所 527号法廷
・原告と被告双方の証人申請が行われます。
ぜひ、傍聴へ駆けつけてください。

Posted by 上田 圭委子 at 2010年08月24日 21:45
またしつこくコメントして、すみません。10月2日の四谷での土肥先生の集会、私も、受付のお手伝いをさせていただくことになっています!お忙しい時期かとおもいますが、お近くの方、ご関心のある方、どうぞ、いらしてくださいませ。
Posted by 上田圭委子 at 2010年09月14日 23:27
いよいよ、明後日、四谷で土肥先生の集会があります。以下、情報を貼り付けさせていただきます。どうぞ、支援をよろしくお願いいたします。
転送歓迎】
***************
支援する会 ニュース 2010/9/30
***************
★明後日・10.2(土)、四谷へ!
集会『モンスター都教委さま、裁判へようこそ!part2』を行います。
・土肥先生が、裁判の様子「都教委のウソと争点」について、たっぷりと語りま
す。
・原告代理人・吉峯弁護士が、裁判の意義と方針を分かりやすく解説。
・教え子や保護者が、土肥先生の人となりを語り、支援を呼びかけます。
・漫画家の石坂啓さんが応援演説します。

★裁判は正念場。土肥先生を応援しよう!
・いよいよ証人尋問が始まります。事実審理を通して、具体的に都教委を追い詰
めていく段階に入りました。
・教え子のみなさん、保護者のみなさん、先生に感謝と激励の声をかけに来てく
ださい。
・先生に心を寄せる市民のみなさん、とにかくまず先生の訴えを肉声で聞いてく
ださい。

★場所・時間
・四谷区民ホール(地下鉄丸の内線「新宿御苑」2番出口=大木戸門側徒歩5分)
・開始時間 午後2時〜
・入場料 500円
Posted by 上田圭委子 at 2010年09月30日 21:46
今日は、土肥先生の集会に行ってきました。
すばらしい内容の集会で、教育の問題、政治の問題、法律の問題、いろんなことを考えさせられました。あらためて、土肥先生も、弁護士の方も、ほんとうに高い理念を持った、立派な方たちだと感激しました。正しいこと、まっとうなことを、明るくさわやかに語れる土肥先生って、やはりすごいです。ますます応援したくなりました。
Posted by 上田圭委子 at 2010年10月02日 20:10
またまた上田のコメントですみません。
四谷での集会の報告のメールが送信されてきましたので、貼り付けます。
どうぞ、ご覧ください。
転送歓迎】
***************
支援する会 ニュース 2010/10/4
***************
★10.2四谷集会、ありがとうございました。
みなさまのご協力のおかげで、土肥先生を励ます、いい集会ができました。
約200人の方においでいただきました。
前回の集会より参加人数が減り、その意味ではちょっと残念でしたが、
裁判が続いていくなかでの支援活動は山あり谷あり。
それに参加した人たちは、みんな、「いい集会だった!」と元気になりました。
集会の様子は、近くホームページにアップしますので、ご覧下さい。
どかん!と壇上に集まった教え子や保護者の意気あがる姿、
怒りに燃えて都教委を批判する土肥先生の顔、
石坂啓さんに抱擁されてシアワセそうな土肥先生の様子などを大盤振る舞いだ!

★土肥先生より
皆様へ
本当にありがとうございました。
多くの教え子、保護者にお手伝いしてもらい、
最後の壇上には本当にたくさんの人達が上がってもらい、私は幸せ者です。
私の誇りです。
多くの方から集会の感想が来ていますが、
とにかく応援している教え子・保護者の数の多さに驚き、感動したようです。
女房も皆さんにとても感謝しています。
これからも宜しくお願いします。

★いよいよ証人尋問
11月初めに、裁判の進め方について、裁判所・原告・被告で「進行協議」を行う
予定です。
ここで、採用される証人が決定され、いよいよ証人調べに入ります。
みなさん、ぜひ、傍聴へおいでください。

--
Posted by 上田圭委子 at 2010年10月04日 20:06
また、私ばかりのコメントで、申し訳ありません。10月23日に、また、土肥先生の対談があるそうなので、以下、情報を貼り付けます。ご興味のある方がいらしたら、どうぞ、ご参加ください。

----------(ここから)----------

2010.10.23 東京の教育を考えるつどい

**********************************
トーク&トーク
都教委とたたかう校長と語る
**********************************

「学校から言論の自由が奪われる」
こう考えた、東京都立三鷹高校の校長だった土肥信雄先生は、
「職員会議での挙手・採決の禁止」などの撤回を求めたために、都教委から弾圧
されます。
定年後の非常勤教員採用試験では不合格に──都教委を提訴してたたかっていま
す。
若き日に高校教諭だった、辛口評論家の佐高信さんと、経験を重ね合わせて語り
合ってもらいます。
(この対談は、来春発行予定の土肥先生の著書に収録されます)

講 師 土肥信雄(元都立三鷹高校校長)
     佐高 信(評論家)

日 時 2010年10月23日(土)
    開会2:00〜(開場1:30)
会 場 東京大学 農学部2号館化1講義室
    東京都文京区弥生1-1-1 http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/il-map.html
    農学部正門を入ってすぐ左側の建物)
    (地下鉄南北線「東大前」駅から徒歩1分)
資料代 300円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
主 催 東京の教育を考える会(立川:080ー1066ー1457)
共 催 七つ森書館
     〒113-0033 東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル
          TEL03-3818-9311 FAX03-3818-9312

----------(ここまで)----------


Posted by 上田圭委子 at 2010年10月07日 19:49
また私ばかりコメントしてすみません。
今日、2月1日、七つ森書館から土肥信雄先生の著作、『それは、密告からはじまった』(1800円+税)が発売されます。
当時の三鷹高校の定時制および全日制の生徒さんや先生、保護者の方たちのコメントも掲載されています。この問題にご関心の或る方、ぜひ、お手にとってみてくださいませ。
いよいよ、3月には裁判で証人尋問が行われ、今年の6月か、あるいは9月くらいには、判決がでるのではないかと思われます。
ちゃんと組織の命令には従いながら、ただ生徒のよりよい教育のために、職員会議での挙手禁止はよくないという自分の意見を述べたというだけで採用試験その他で不利益を蒙るのは、やはり、おかしいことなのではないか、と私はおもいます。もちろん、世の中にはもっともっと理不尽なことが山ほどあるとはおもうのですが、せめて自分の子どもと関わってくださった校長先生の、善い意志、純粋な教育への想いを応援することで、いくらかでも、この世があるべき方向に向かうようにという、意思表示だけでもできたらいいなあとおもっています。どうか、ご関心をお持ちの皆様、今後ともご支援を、お願いします!
Posted by 上田圭委子 at 2011年02月01日 13:05
土肥先生の裁判の証人尋問がいよいよ3月に行われるそうです。また、そのまえ、3月5日2時に東大農学部にて全体会を行うそうです。以下、情報を貼り付けますので、どうか、よろしくお願いいたします。
【転送歓迎】
***************
支援する会 ニュース 2011/2/15
***************

★渾身の著作『それは、密告からはじまった』 発売です!
みなさま、ながらくお待たせいたしました。
土肥先生自身による著作です。土肥裁判に至るできごとの発端、都教委により数
々加えられてきた不当な仕打ち、生徒や保護者の気持ち、み〜んな詳細リアル
にしっかりと書かれてあります。
評論家・佐高信さんのファンにもうれしい「対談」つきで、なんとお安い、1800
円+税
『それは、密告からはじまったー校長vs東京都教育委員会ー』(土肥信雄・著 
七つ森書館・刊)
本屋へ走ってお買い求めください。
また、ひとりでも多くの方に手にとってもらえるように、近所の図書館に「蔵書
購入希望」をしてください。

★裁判は正念場、3月に証人尋問
裁判は重要段階に入ります。都教委は「逃げの姿勢」です。
原告側(土肥先生)申請の証人について反対尋問を放棄し、書証(陳述書)を丸
呑みにして「証人調べは必要ない」という立場をとったのです。
争点になると考えていた「定時制卒業式にあたっての個別的職務命令の強要事実
、それを土肥校長が定時制教員に発令していないこと」や、「教育委員の米長
氏が三鷹高校を訪問すると都教委が土肥先生に伝えた事実」など、原告側の主張
がそのまま「証拠」のレベルで、通ってしまうということになります。
法廷でほんとのことを言われるのがそんなに怖いのか。まるで闘う前から白旗で
はありませんか。
証人調べはこうして被告側(都教委)だけになりました。証人尋問の予定は以下

☆3月17日(木) 午前10時より全日 ・小山氏 中部センター副参事(当
時) ・加藤氏 学務部課長・守屋氏 指導部高等学校教育指導課
☆3月24日(木) 午前9時50分より全日 ・園田氏 人事部選考課長 ・
増田氏 指導部指導主事(面接官)・田中氏 人事部職員課長・古川氏 都立
学校教育部課長
☆4月7日(木)午後1時30分より、・本人尋問 土肥信雄(いずれも東京地
裁527法廷)
結審は5月頃、判決は7月〜9月頃の予定。

★3月5日(土)に「支援する会」全体会を行います
裁判勝利に向けて、支援活動を強化するために、全体会を行います。
日時:3月5日(土)午後2時〜 東大農学部7号館A棟1階 106号室(前回
やった教室)
キャンパスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_11_j.html
アクセス(地下鉄南北線東大前):http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
力を貸してくださる方、ぜひ参加してください。



--
『土肥元校長の裁判を支援する会ニュース』及び、「支援する会」事務局からメ
ンバー向-けのお知らせメーリングリストです。「支援する会」は土肥さんの教え
子、その保護者な-どが中心になった個人参加の会です。
このメールに返信すると、メーリングリストの管理者に返信されます。
メンバー間の相談・議論には
discus_dohisaibansien@googlegroups.comを活-用してください。
ウェブサイト http://www.dohi-shien.com/html/

Posted by 上田圭委子 at 2011年02月15日 18:43
このたびの震災で亡くなられたかたがたのうえに、また被災されたかたがたの上に、主の大いなる慈しみが注がれますように、こころからお祈りいたします。
 こんな震災のなかですが、土肥先生の裁判の証人尋問が17日と24日に予定通り行われましたので、傍聴に、行ってきました。去年3月に行ったときには、満員で入れなかったのですが、今回は、交通事情もよくなかったためか、ほぼ満席ではありましたが、ちゃんと傍聴できました。2年前に、校長先生に「卒業証書」を渡した卒業生の方も、応援の傍聴にいらしていて、土肥先生もうれしそうでした。都の証人の方々の非常勤教員の採用の基準は、どうもお話しを聞いていると、管理職としてどう組織に従順でありうるのかという観点だけのようにおもわれて、これでは生徒にとって、よい先生かどうかなんて、まったくどっちでもいいことだったんだなあと感じざるをえませんでした。私はちゃんと正社員で働いたこともないので、社会の現実のことはよくわかりませんが、組織の法令としての命令には従いつつも、そのなかで誤ったことだと思われることに対してはひとりの人間として意見を言うというのは、カントの「啓蒙とはなにか」の主張にもぴったりと一致する、自分の理性を用いてものを考える尊厳ある人間のあるべき行為であり、それが土肥先生がなさったことなのではないかなあと思いました。
Posted by 上田圭委子 at 2011年03月28日 10:52
メール友達を作って毎日がHAPPY♪トモコミュなら制限なしにいくらでも友達がつくれちゃう!!メール友達なら直接会わなくていいから安心☆そのまま仲良くなれば付き合っちゃうことも…♪
Posted by メール友達 at 2011年05月01日 00:48
最近一部で話題になっているロケーションベースのソーシャル・ネットワーキング・サービス。まだまだ日本では浸透していませんがTwitterの次にくるのはこのフォースクエアで間違いありません!
Posted by フォースクエア at 2011年06月29日 11:19
アナタは金持ちになれるか!?アナタに金儲けの才能があるのかこの金儲けチェッカーでチェックしてみよう!あらゆる角度から金運を分析するので億万長者になれること間違いなし!!
Posted by 金儲け at 2011年07月02日 10:31
あなたの助けを待っている少女たちがいます!今すぐ神待ち掲示板に参加して少女たちを助けてあげて下さい!あなたのその行動が可哀想な神待ち少女たちを救うことに繋がるのです。
Posted by 神待ち掲示板 at 2011年07月24日 05:48
グリーにハマっている人集まれ!あなたのグリーハマリ度がチェックできるグリーチェッカーが誕生しました!我こそはグリーを愛している、グリーマニアだと思う人は今すぐチェック!
Posted by グリー at 2011年07月28日 02:01

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://2v89l16.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月31日 17:21
ご無沙汰しております。土肥先生の裁判、ほんとうなら、7月7日が結審だったはずなのに、急に裁判官の交代とかで、結審が8月になりました。判決も、ほんとうなら秋には、と思って報告集会の会場も押さえていたのですが、このままでは、もしかしたら、来年になってしまうかもしれません・・。息の長い裁判になりそうですが、私たちの校長先生なので、ずうっと応援してゆきたいとおもってます。
Posted by 上田圭委子 at 2011年08月08日 23:15
残暑お見舞い申し上げます。
明日、8月25日木曜日、10時から、
土肥先生の裁判の最終意見陳述があります。(おそらくは、これで、今度こそ結審)。
東京地方裁判所、527号法廷の前あたりに、30分前くらいにつけば、傍聴できるのではないかとおもいます。私も、行きたいと思っています。ご関心のあるかたがは、どうか、いらしてくださいませ。よろしくお願いいたします。そのあと、弁護士会館で報告集会もあるそうです。
Posted by 上田圭委子 at 2011年08月24日 10:16
また私ばかりコメントしてすみません。
土肥先生の裁判、8月26日に、傍聴に行きました。この日で結審し、判決は12月22日と決まりました。午後1時半から、527法廷だそうです。判決のときって、たぶん、裁判所前に支援者のかたたちがたくさん来て判決結果に喜んだり、悲しんだりするという場面があるのかなとおもいます。やはりたくさんの方が判決を見守ってくだされば、それだけ社会的にも問題提起になるとおもうので、どうか、お忙しい時期とはおもいますが、いらしていただけたら、うれしいです。来年2月18日にも、武蔵野公会堂で、集会が予定されています。団体の動員の力とかではなくて、純粋に土肥先生を応援する市民の力で満員にできたら、すばらしいなあと個人的にはおもっています。どうか、こちらも、関心のあるかたの、ご参加をよろしくお願いいたします。自分も、このブログに関わらなかったら、土肥先生の支援も、遠くから応援しているにせよ、直接に傍聴までは行かなかったかな、とおもうのですが・・・。お話ししてみると人間的に土肥先生が稀に見るようないい方だったので、よりがんばって、応援したいなあと思うようになりました。うちの子の学校の校長先生として素晴らしいからとうだけではなくて・・。あと、WEB市民の司法の今週の言葉というところにも、土肥先生の最近のインタビュー記事が掲載されているので、どうか、ご覧ください。
Posted by 上田圭委子 at 2011年09月02日 12:25
グリーで使える有効的な使い方と意外と知らないあのゲームの裏技を紹介!またグリーでカワイイ女の子と出会う秘密の方法を暴露!ゲーム以外も楽しめる大人気サイトグリーを徹底的に攻略します!
Posted by グリー at 2011年11月12日 02:26
ご無沙汰しております。
土肥先生の裁判、一審は、1月30日に完全敗訴の判決でしたが、控訴審が、5月15日に始まりました。その様子が、JANJANにアップされているので、どうか、ご覧くださいませ。これからも、こうなったら最高裁まででも、がんばって、土肥先生を応援してゆきたいとおもいます。
http://www.janjanblog.com/
みなさまも、応援、どうか、よろしくお願いいたします。
Posted by 上田圭委子 at 2012年05月19日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。