2008年10月25日

不当なこの世に立ち向かった人々の / 怒りとなり希望となり / 街角から世界へと飛び出した その時 私たちは輝いていた

con200810_video01.jpg (「コッタジ」コンサートのポスター)
★ 前回ご紹介した韓国の「民衆歌謡」(働く者の立場から、社会とその中でたたかいながら生きる人々の内面を歌う)の代表的なグループ「コッタジ」によるコンサートの別の映像が見つかったのでリンクいたします。(「歌の夢」以外は、タイトルわかりません…)
歌の夢
オープニング
ソン・ギュイオクさんら
フィナーレ
「歌の夢」の歌詞は以下の通りです(訳:「コッタジ応援団」)
私がこの世に生まれてきたのは誰かのため / そして誰も私を求めなくなるときまで生きたいと願う / あなたの心を受けとめ / あなたが傷ついたとき / ちからになりたい /
誰かを愛しあなたが幸せなときも / その愛が辛く 涙がこぼれるときも / 過ぎ去った日々が懐かしく / 溜め息がもれるときも / そんなふうに私はあなたと生きたい
ある時 私たちは / 不当なこの世に立ち向かった人々の / 怒りとなり希望となり / 街角から世界へと飛び出したその時 私たちは輝いていた / たとえこの世に埋もれ消え去ろうとも / もう一度あなたが心を開き呼んでくれるのなら / 最後まで共に生きよう

★ ちなみに、前回の「希望」と「呪文」の歌詞も…

希望 (訳:「コッタジ応援団」)

あなたのために生きてるのに / あなたから離れなさいと言う / 多くの人たちがそうやって別れたように / 今あなたから離れなさいと言う 
冬の森のようなこの人生の野に / いつでも初々しく芽吹いてくるあなたから / 道がすべて凍りついていても / その道をひとり私に向かってやってきたあなたから / いまからでも遅くはないと / もういちどやりなおせると言ってくれたあなたから / 涙も痛みもやすやすと乗り越えられるよう / 守ってくれたあなたから、希望から

「呪文」(訳:「コッタジ応援団」)
いまよりもっともっと強く いまよりもっともっと強くならなきゃ

いま生きているここが美しくなるように 
ヒーヤイヤー ヤイヤー
奴らのいう国民とはわれらのことではなく 奴らの計画にわれらの未来はない
 
10月18日(土)に開催された「9条フェスタ2008」での、元「中帰連」の方々の証言について。
「9条フェスタ」の「受け継ぐ会」で聞いた旧日本軍兵士の戦場体験(JANJAN 10/23)
 社民党の辻本きよみさんが、地元高槻市で、憲法9条の活かし方をノーベル平和賞を受賞したフィンランドの元大統領マルティ・アハティサーリ氏のやったこととからめて語っています。
憲法9条について(YouTubeより)
タグ:コッタジ
posted by みつのぶ at 16:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108589705

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。