2008年12月31日

「子どもを殺すな!」(イスラエル大使館前にて)

photo171293.jpg (12月30日イスラエル大使館前でのガザ攻撃抗議集会にて)
 12月27日から始まったイスラエル軍のガザ攻撃。いやしくも住民の選挙で選ばれたハマス政権を兵糧攻めでフラフラにした上で、民間人を巻き込み武力で壊滅させようというのは…。イスラエルはナチスからやられた同じことをもっと弱い人々にやっていると言われてもしょうがないですね。ある日突然、空から落ちてきた爆弾で市民生活を破壊され殺され傷ついた人々のために合掌…
ガザ 2008.12.28(いろいろなニュースのダイジェスト映像)
ガザの人道状況が占領開始以来40年で最悪(BBC
1230日イスラエル大使館への抗議行動の動画
イスラエル軍によるガザ攻撃についてのいろいろな情報(1231日現在)
 教育基本法改悪、日の丸・君が代強制裁判についての記事です。
「東京『日の丸・君が代』処分取消訴訟(第1次訴訟)」結審(JANJAN 12/28 ひらのゆきこ)
杉並「つくる会」教科書裁判で2度目の強制退去 主権者である国民がここまでないがしろにされる「高等」裁判所(JANJAN 12/27 渡辺容子)
 米国で制作され、中国でも上映されたドキュメンタリー映画「南京」について。朝日新聞編集委員 上丸洋一氏の問題提起も。
映画「南京」上映と生存者証言会に参加して世界平和を考えるJANJAN 12/18
南京大虐殺から71年 東京証言集会・上丸洋一氏の講演・映像
★ 人間であることの基本、教育の根を気骨の学長が語っています。新自由主義に浸される今の大学長はこういう当然のことを語れるのか…?

明治学院元学長森井眞さんに聞く−人間の尊厳の根源について@(YouTube映像)
明治学院元学長森井眞さんに聞く−人間の尊厳の根源についてA

posted by みつのぶ at 13:20| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

「花はどこに行った」はもう繰りかえさない!

middle_1228794000.jpg 〜戦争を知らない世代が語る戦争〜のパネラーたち)
 必見です!Japan's About Face という、アメリカの PBS で放映された自衛隊や九条の問題を扱う映像。ふだん日本人でも見たことのないような防衛大学の学生生活、それとパラレルに紹介される「9条ピースウォーク」など、まことにビックリな内容。防衛大のような環境で何年間も暮らしていれば、当然軍国的なメンタリティーになりますね。国中がそうなってよいのか?Part 2から観られるとよいでしょう。
Japan's About Face(日本の自衛隊・憲法九条問題)
 
「アメリカを叱る」ノーム・チョムスキーが、大統領選挙以後、初めて世界情勢について論評している映像(および音声)です。英語ですので、十分わかりませんが…。
Noam Chomsky: “What Next? The Elections, the Economy, and the World”
 安倍首相の政策とべったりな方針をさらした経団連のボス御手洗氏は、キャノンのボス。そのキャノンは、非情な非正規雇用で莫大な利益をあげている。映画:『ふつうの仕事がしたい』で活躍していたユニオンの方々、キャノンに対しても現代版・桃太郎の鬼退治に奮闘!
派遣切りをするな!〜大分キヤノンユニオンが申し入れ(YouTube
半数以上が派遣"の工場も キヤノンの場合/志位和夫予算委員会にて(YouTube)
キャノンによる「非正規切り」問題を追及(社民党・保坂展人YouTube
 都立三鷹高校の土肥校長の都教委に対する異議申し立てに関して、12月9日「土肥校長と共に、学校に言論の自由を求める保護者&市民の会」が都庁記者クラブで記者会見と都教委に対する要請を行ないました。著名な教育学者たちも、エールを送っています。
土肥校長を守れ!「保護者&市民の会」が記者会見・都教委要請(YouTube)
 東京の石原都知事に対して、大阪は橋下知事です…
大阪府が学校非正規職員346人を首切り!(YouTube)
 この夏、どのように戦争やその体験者に向き合い、かかわり合い、それを継承していけるのかをめぐって出された1冊の本(『戦争への想像力〜いのちを語りつぐ若者たち』新日本出版)に登場していた、日本各地で、アジア・中東で「伝える」活動に携わってきた、20代〜30代の9人が出会い語り合いました。
〜戦争を知らない世代が語る戦争〜(黙々とPart3ブログ)
 戦後、シベリア抑留や中国の撫順戦犯管理所での経験を通して奇跡の回心を遂げて、自分たちが戦時中に中国で何をしたのかを語り継いでいる人々も少なくなっていきますが、金子さんがお話しくださいました。

元日本軍兵士「戦争体験」を証言(JANJAN 12/9

posted by みつのぶ at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

「自分をささげることを怖れるなら、心の暖かさを知ることはない。死を怖れるなら、決していのちを学べない」〈ベティーナ・ヴェグナー)

250px-Martin_Luther_King_-_March_on_Washington.jpg (M.L.キング牧師・"I have a dream”1968)
 記事タイトルは、東ドイツ育ちで東独政府から迫害された歌手・詩人ベティーナ・ヴェグナーの歌の一節。都民の多くが知らないことをいいことに、石原流全体主義を押し進める都教委に対してたたかう人々のことをうたっているようです。
都立三鷹高校の土肥信雄校長と都教委との公開討論を求める賛同署名

都教委による不当『分限免職』取り消し裁判・原告証人尋問(裁判傍聴報告・増田都子HP 12/1
 田母神氏は、単なる無知な下っ端でしょうが、その背後で、真実を力で押しつぶす勢力がますます増殖しているようです。
田母神前航空幕僚長の東京の日本外国特派員協会で記者会見(JANJAN映像12/1
田母神前幕僚長にクーデターは無理!(JANJAN 12/3)
ピューリツァー賞受賞作家ハーバート・ビックス氏による田母神批判論文(凱風社HP
空幕長「論文」事件をどう診るか(早稲田大学・水島朝穂)
 戦争の真実がわからない、想像力がもてないで、金の力で垂れ流される田母神的言説に騙される国民。どうしたら目覚めるのでしょう…。
米軍占領下イラクで何が起こっていたのか――映画「リダクテッド 真実の価値」をめぐってのトーク(宮沢さかえJANJAN 12/3
<トーク映像>映画「リダクテッド 真実の価値」をめぐって考える米軍占領下イラクで何が起こっていたのか(JANJAN 12/3
 自衛隊イラク派兵差止め訴訟の原告代表は、キリスト教の信仰者。ヴェトナム戦争時のサイゴンでの体験から、日本が二度と戦争に加担する国になることをゆるさないと決心したとのこと。
私は強いられたくない。加害者としての立場を(自衛隊イラク派兵差止め訴訟の会HP)
自衛隊イラク派兵差止め訴訟名古屋高裁判決についての解説(原告訴訟の会代表・池住義憲氏のHP
★ 大統領ブレーンは、かなりタカ派だとの評も出ていますが、オバマ新大統領、キング牧師を受け継ぐアメリカの良心になってもらいたいものです! 
I Have A Dream!” 「私には夢がある!」マーチン・ルーサー・キングのスピーチ〈音声・映像つき)
posted by みつのぶ at 11:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。