2007年11月24日

「狼と子羊は共に草をはみ、獅子は牛のようにわらを食べ…」(イザヤ書65章の預言)は?

s_photo141713.jpg (日本政府の入国審査制度改定に対する抗議集会で)
★ 限りある資源を分かち合おうとするのでなく、独り占めしようとする力があるとき、人間同士は小さく自分の領域に縮こまって、互いにバラバラになってしまうのでしょう。 
☆改正正入管法指紋提供義務に抗議:深い悲しみと憤り・さみしい国ニッポン(JANJAN 11/21)
☆<貧困>は自己責任ではない:湯浅誠さん<NPO法人自立生活サポートセンターもやい>講演(JANJAN 11/24)
☆国際シンポジウム:「グローバル化と先進国における貧困と社会的排除:野宿者、フリーター、移住労働者の現場から」(主催:上智大学社会正義研究所、国際基督教大学社会科学研究所)
☆防衛省疑獄を生んだのは「小泉政治」ではないか(社民党・保坂展人)
★ 
パレスチナからNGO活動家の方が来日して現地報告会を行っています。日本政府は現在JICAと一緒にパレスチナ農業開発を進めていますが、今回来日されるファトヒさんはここの計画に対して現地住民の立場から反対の声をあげられています。パレスチナ現地は閉塞感が強まり、危機的な状況にあるそうです。わたしも夏にベツレヘムに行くときに隔離壁を通過してイスラエル政府の威圧感に驚きました。
☆Stop the Wall ! ファトヒ・クデイラートさんのスピーキング・ツアー
☆映画:『Gahda ガーダ パレスチナの詩』の監督、古居みずえ氏のHP
 ビルマ状勢も、日本では治安部隊に殺された長井さんを悼むというストーリーだけで静まりがちです。以下のサイトでも最新情報入手が遅れているようです…
☆BurmaInfo:2007年反軍政・民主化蜂起の動向

 南京大虐殺70年東京証言集会の案内
 「被害と加害の証言から見える南京1937”」

 証言:伍正示喜さん(生存者)
      (お名前の最後の文字は、示すヘンに喜びで一文字です)
     張秀紅さん(性暴力被害者)
 映画:被害と加害の証言記録(約90分) & 武田監督の話
 講演:内海愛子さん

 日時:12月2日(日)13:00開場 13:30開始
              18:00終了予定
 場所:日本教育会館(東京:地下鉄神保町下車 A1出口すぐ)
 参加費:1000円
 主催:2007年南京大虐殺70年東京証言集会実行委員会
 戦争・平和についての資料館・博物館の一覧リストです↓
☆平和博物館・戦争資料館
 "YouTube"には、おもしろい映像がたくさんありますね。「憲法改悪反対」の立場のおもしろい方々の番組もありました。CS朝日ニュースターで放送された『痛快 おんな組』。辛淑玉・永六輔・石坂啓・松崎菊哉・中山千夏の各氏が憲法について語り合っています。↓
☆「痛快 おんな組@」
☆「痛快 おんな組A」
☆「痛快 おんな組B」
☆「痛快 おんな組C」
☆「痛快 おんな組D」
posted by みつのぶ at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

「人の心の一寸先は闇だから。オレは絶対、人を信じない」(元従軍慰安婦・宋神道さん)

kanekosanjk.jpg
金子安次さん中国のテレビに戦争体験を語る(YouTube)

金子安次(Wikipedia)
『金子さんの戦争−中国戦線の現実』(書籍紹介)

元日本兵の証言 - 従軍慰安婦(YouTube)
昭和13年 北京の日本兵 (カラー映像・YouTube)
アメリカからみた沖縄掃討作戦&ひめゆり学徒隊(YouTube)
アメリカからみた神風特攻隊(YouTube)
 昔の雨降りフィルムでなく、精巧に復元された映像で見ると、60〜70年前の人間も今の人間も同じなのだと改めて思います。…中味はどうなのか?すぐにでも、わたしたちはあの時代に戻ることができるのではないか??ああした時代に戻らないようにと、少数の人々がたたかっていますが、力尽きそうでもあります…↓
東京都教育委員会、「君が代」不伴奏、不起立の教員2人に「研修」を強行(UnionTube)
posted by みつのぶ at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

どうして裁判所は違憲立法審査権を行使しないのか?

photo140856.jpg (元沖縄駐留海兵隊員だった政治学者のC・ダグラス・ラミス氏)
 改定教育基本法を憲法違反であるとして訴える裁判。しかし日本の裁判官のは多くは、やっぱり権力組織の中のヒラメであるのでしょうか。アメリカでは、最高裁の判事は単なる"Judge"ではなく、特別に"Justice"と言うのだそうです。つまり、「正義」そのもの。「法」という言葉も、ラテン語では"Justice"が由来する"Jus"ですが、これも「正しいこと」そのものを意味します。日本では、その「法=正しさ」の番人が、自ら進んで正義から逸脱して行く…
証拠は全部却下する・「教育基本法違憲訴訟」初回結審の驚き(JANJAN 11/16)
 ジャン・ユンカーマン氏の映画『日本国憲法』にも出ておられたC・ダグラス・ラミス氏講演会のようすです↓
マガジン9条・C・ダグラス・ラミスに聞いた
映画日本国憲法(YouTube)
posted by みつのぶ at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

苦難の中に与えられる善き人

flyer.jpg (元従軍慰安婦の宋神道さんの裁判記録映画)
★ 
すでにお知らせした「さらば戦争!映画祭」に行ってきたのですが、どの映画もすばらしかった。特に、『オレの心は負けてない』のソ・シンドさんのキャラクターにはぶったまげて、おおいに元気をもらいました。戦後、だまされて日本に来られたときに窮地から救ってくれた在日朝鮮人であるご主人の位牌に祈っておられる姿に心打たれたです。『花の夢』の栗原さんも中国で助けてくれたご主人への感謝を強く感じました。『夕凪の街、桜の国』の美しいドラマにも同じものを感じたです。
posted by みつのぶ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

“わたしを生きる”幸せ

200711060024_01.jpg (ヨーロッパ議会前で抗議運動の元従軍慰安婦の方々)
 年末も近づき、「君が代・日の丸」問題で職場を追われた方、追われそうな方への支援行動が活発化しているようです。増田都さんは、先に東京都から、歴史教育が偏っているとして免職された方
歴史偽造を許すな! 南京大虐殺70周年(増田さん、田畑さんを職場にもどせ!)12.16集会にご参加を!
★ 「自分と向き合い、自己を問い続けることは、ぬるま湯につかっているときには不可能なことで、皮肉にも、すさまじい攻撃と弾圧下に置かれたからこそできたことでした。“わたしを生きる”ことができて、幸せと言ってよいでしょう。また、そうすることによって、もたらされたたくさんの素敵な出会いは、とりわけ生徒との出会いは、私に希望を抱かせます。人間って本当に素敵、と思わせます」…という根津さんのお言葉に共感します。(信仰の場合も同じ…)↓
根津公子さんの本「希望は生徒」が出版
 日本でも地方に行くと、自衛官募集のポスターだらけですね。日本版「募兵官」も目前かも…
「募兵官を学校から追い出す運動」をしている米国の教育労働者・グレゴリーさんを迎えて(教育労働者国際連帯交流集会in 京都 の案内)
 一人の役人の意見で大切な歴史教育が踏みにじられるおそろしさ…
教科書調査官とは何か・教科書検定に教科書調査官は必要なのか(俵義文・子どもと教科書ネット21事務局長)
 11/8日にオランダ下院で非難決議が全会一致で決議されそうです。近く欧州議会で同様の決議がなされる状勢ですし、そうなれば、次は国連での非難決議ということもありうるようです。もう島国の国内世論の中に引きこもっているわけにはいかないということです。
慰安婦で対日非難決議 オランダ下院、全会一致(東奥日報11/10)
‘Comfort Women’ to Testify Before European Parliament(朝鮮日報英語版11/6)
posted by みつのぶ at 21:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

市民が起こす反改憲の風

kiki21.jpg (軍需産業見本市:「危機管理産業展2007」)

 以下のような研究会が催されますので、ご興味おありの方、どうぞご来場ください。
   
   「信教の自由と政教分離―エキュメニカルな視点から」
    (主催:日本エキュメニカル協会)

   発題: 谷 大二(カトリックさいたま教区司教)
        森本 あんり(国際キリスト教大学教授)

   2007年11月12日(月) 18:00〜20:00
   岐部ホール(イエズス会日本管区本部内404号室:四谷駅下車、聖イグナチオ教会に向かって右側。土手沿いのイエズス会管区長館4階)
   入場無料
 いったん成立してしまった悪法は元に戻りえないのか?
「改定教育基本法は憲法違反である」と提訴した裁判の、 第一回口頭弁論が開かれます!(ポケットの教育基本法の会)
神奈川県教育委員会へ抗議・要請のお願い(「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会)

 歴史修正主義は、手痛い敗北を喫しました。司法も風向きの中で、ようやく自分をとり戻しつつあるのか。
112日の夏淑琴さん名誉毀損訴訟の判決についてのレポート(「南京への道・史実を守る会」事務局・高橋)
夏淑琴さん名誉毀損訴訟 東京地裁判決
 日比谷野音にはずいぶんたくさんの人々が集まったそうです。たしかに風は吹いている…
<武力で平和はつくれない!11・3市民集会><11・4全国労働者総決起集会>報告
 地道に、ふつうの人々には知ることのむずかしいことをレポートしてくださっています。
「危機管理展」ルポ:山田洋行とパトリオット(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン・杉原浩司)
「危機管理産業展2007」
「日米安保戦略会議」にNO!を(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン・杉原浩司)
★ 靖国は、国内だけの問題ではないということでしょう。世界から見て、靖国神社がいったいどんなふうに見られているのか、日本人はたしかに考えないですね…
アメリカで靖国合祀反対の行動おこす韓国遺族・市民団体(JANJAN 11/1)
アメリカで靖国反対行動はじまる(JANJAN 11/4)
posted by みつのぶ at 23:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

福田政権は「催眠政権」?

2007jvja_momoi.jpg 桃井和馬「破壊される大地」)
 
多忙にかまけてご無沙汰しました。以下、催し案内中心です…

武力で平和はつくれない! 11・3市民集会(平和ネット)
 見たい映画がずらりと並んでいます↓
11月17日 さらば戦争!映画祭 2007人間が始めたものは人間がやめればいい
さらば戦争!映画祭(WEBサイト)
 すばらしいフォト・ジャーナリストたちの展覧会のようです。「原爆の図」も一度見てみたい↓
原爆の図・丸木美術館の企画展のお知らせ(日本ビジュアル・ジャーナリスト協会《JVJA》のみなさんの写真展と作家トーク)
原爆の図・丸木美術館サイト
 「自民党の改憲行動は『痴漢』的、つまりそろそろと手を出して、気づかれそうになるとスッと手を戻す。右に強く行き過ぎたら、次は少し戻す「振り子」政治。しかし、振り子を見てると催眠されそうになるから要注意!」と、ある先生がおっしゃっていました。↓
憲法理論研究会・第3回公開学術シンポジウム「政治的混迷の中に置かれた安全」
★ 今年は南京大虐殺から70年。記念日も近づいています… 
夏淑琴さん名誉毀損訴訟・判決と南京事件被害者夏淑琴さんをお迎えしての集い(11月2・3日)
 たいへんくわしくかつ明快に、これまでの経緯が一望できます。必読です↓
「対テロ戦争」6年―アフガンの今、これから(しんぶん赤旗10/28
 日本の歪んだ自己認識への世界からの目…
米で「慰安婦」問題世界大会(朝鮮新報10/19
07年靖国反対共同行動 in New York
posted by みつのぶ at 00:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。