2007年10月18日

「戦争を起こすのも人間だ、それを止める努力をすることができるのも人間だ、お前はどっちなんだ」(品川正治)

photo139314.jpg 【品川正治さん(経済同友会終身幹事)の講演会】
 経済界において、めずらしく堂々と憲法九条を徹底擁護される方のお話…
「戦争・人間、そして憲法九条」品川正治さんの訴え(JANJAN 10/16 ひらのゆきこ記者)
 憲法九条は守りたいが、国防と自衛隊はどうするか?護憲派があいまいにしている急所に切り込みます↓
〈9条実現〉非武装でいきましょう!【井上澄夫(市民の意見30の会・東京)】

 40秒間、静かに座っていた。いったい誰に迷惑がかかるの? 「君が代不起立」教員が擁護されるわけ…

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない全国一斉アクション10・13討論集会報告と都教委への申し入れ書

『格差をなくせば子どもの学力は伸びる』−驚きのフィンランド教育を読んで(JANJAN 10/13
 このごろ東京の上空には、やたらと軍用の飛行機やヘリコプターが飛んでいるような気がするが…?

●迎撃ミサイルPAC3の移動展開演習、11月中旬にも実施か!杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)
首都防衛ミサイル訓練、11月にも・防衛省(NikkeiNet
日本、12月に初の海上MD実験へ(韓国・中央日報10/15
★ 自衛隊のインド洋上給油の怪しさを暴いた方々の報告↓

核兵器・核実験モニター 290 号発行(ピースデポ)

posted by みつのぶ at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

「左翼政党と労働組合は潰した。あとはウルサイ教師連中だけだ。それを潰せば日本は我々のものだ」(ある保守系議員)

photo138990.jpg 【作家の澤地久枝さん(「九条の会」呼びかけ人)】
 戦争を深く反省している老賢者の方々のお話…
「平和で人間的な暮らしへ半歩でも前に」澤地久枝さん訴え(JANJAN 10/12

小田原のお寺で、元日本軍兵士が証言(JANJAN 10/12
 日本が1945年以前に引き起こした戦争について、きちんと調査検討しているセンターです。まず、なにが事実であったのかを究明せねばなりません。↓ 
南京事件70年国際シンポジウム・プレ企画:『南京事件と現代の日本社会』(日本の戦争責任資料センター)

 日本に大きな影響をもつアメリカ合衆国の大使のお話。…結局、何がおっしゃりたいのか?
アメリカ駐日大使J・トーマス・シーファー氏のウッドロー・ウィルソン・センターにおける講演(米国大使館)
 若い政治家…薬害のことだけでない、発展を遂げておられるようです。↓
政治家情報:川田龍平(動画・JANJAN 10/7)
 気鋭のフォトジャーナリストが、沖縄で教科書問題県民大会周辺を生き生きと取材した…。心で、人の心と響きあうこと、結局それが、人間がペルソナ(per-sona:響き合い)たる所以、ものを考える根底だと思いました。
「集団自決(強制集団死)」(森住卓のフォトブログ)
熱気あふれる県民大会 秋の沖縄旅行3(渡辺容子・JANJAN 10/13
★ 昨年の晩秋から暮れにかけて教育基本法改悪反対を盛り上げた方々が、根津公子さんらに連帯します。↓
《立たないとクビッ!?》改悪教育基本法の実働化をとめよう 12・22全国集会の呼びかけ(大内裕和、小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子)
105日サンフランシスコの「君が代不起立」解雇反対行動報道(北米毎日 10/11
★ ミサイル防衛は、国民のよく知らないところでどんどん進められていきます。 
東京・江東区/有明にパトリオット・ミサイルが出現!「危機管理」に名を借りた兵器宣伝と「対テロ」ビジネスを許さない!(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)

在日米軍三沢基地に対ミサイルシステムを配(AFP.BB.News
12月にハワイ沖で迎撃実験 ミサイル防衛体制が前進(中日新聞10/12
posted by みつのぶ at 20:35| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

闘うとは「自分の自然をごまかさないこと」、それで「ほっとすること」(宮城の小学校の先生)「たたかいは、がんばらない、あきらめない、たのしみたい、つながりたい」(河原井純子)

1004manga2S.jpg (マンガ『教師の本分』壱花花漫画より)
 「根津公子さんを免職させない」ということを焦点として、学校の先生たちの「君が代・日の丸」をめぐる思想・信条・良心の自由への運動が盛り上がっているようです。サンフランシスコやフランスからも賛同が寄せられています。
「処分より対話を!都教委に『君が代』解雇をさせない!都庁前 One dayアクション10/5」/根津公子:「再発防止研修」とは何をするのか?/「君が代・不起立」解雇に抗議するフランスからのよびかけ
サンフランシスコの教員たちのアクション(YouTube)
「処分より対話を!都教委に『君が代』解雇をさせない!都庁前 One dayアクション10/5(UnionTube)
東京の「日の丸・君が代」裁判が大同団結!(UnionTube・湯本雅典)
★ 8月10日に開催された「ネットラジオでガチンコバトルトーク!〜靖国問題×リスナー×高橋哲哉〜」の音声ファイルがアップされたそうです。前半雑音で聞き取りにくいところがありますが、飛ばし飛ばし聞くと、『靖国問題』の高橋さんによる明快なお話を聴くことができます。
〜靖国問題×リスナー×高橋哲哉〜(戦争責任ドット・コム)
 先日お知らせしたMD(ミサイル防衛)についてのヒアリングの報告です。都心の上空は、どうなるのでしょう?…鉄腕アトムの出番でしょうか。
【報告】PAC3演習反対928防衛省ヒアリング(杉原浩司・核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)
★ 世界的に注目を集めているテーマではあるけれど、新自由主義に侵される大学では、こういうことを扱っていては就職できないから、後継者も育っていない…とは!若者皆を小林よしのり信者にしてはマズいですね。
南京虐殺70周年国際シンポジウム・パリ会議の報告(飛幡祐規)
 安倍元首相や新教育基本法を憲法違反であるとして訴えている闘う女性、沖縄でひめゆり詣でのようです↓
南部戦跡を訪れて 秋の沖縄紀行(1)(JANJAN 10/7渡辺容子)
posted by みつのぶ at 14:46| 東京 ☔| Comment(34) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

この国の基底に流れる暴力(イジメ)の構造に抗して

photo12.jpg (2007年9条フェスタのポスター)
 戦争責任を果たすという点で、日本をはるかにしのぐドイツでも、加害兵士がこのように自発的に認罪するケースはほとんどないとのこと。その点では、日本の良心を世界に示しておられる方々でしょう↓
「9条フェスタ」で元日本兵が証言(JANJAN 10/6
★ 教育という、人間が人間として生きていくための基盤が公権力によって歪められている。渦中にあってそれを指摘し続けるのは、本当にご苦労なこと↓
「君が代」不服従の教員2名にイジメ研修(湯本雅典・UnionTube
10月4日、2名の教員に再発防止研修(基本研修)発令!
 本ブログでもたびたびご紹介している湯本雅典さんの生き生きとした心打つ映像がまとめられました。入手しやすいですから、ぜひご覧いたただけるよう、お勧めいたします↓
湯本雅典さんの新作『教育基本法改悪』・『国民投票法強行採決』
★ 福島さん、ご自分の言葉で福田新政権の核心に迫ります↓
福島みずほ社民党党主・参議院代表質問(福島みずほの国会大あばれ)
 斉藤貴男氏の新著について↓
『日本をだめにする40の悪法』出版記念トークセッション(JANJAN 10/6
 靖国。たしかに多くの人々が慰霊のために祈っておられる。しかし…、本当に祈りの場所でありうるのか?人々の祈りがナショナリズムで国民をひとつに固めて他を排除する道具に使われてしまいはしなかったか…
行列のできる靖国神社ツアー・平和ガイドの案内で(JANJAN 10/4
posted by みつのぶ at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

「野ざらしの死体からわいたハエが道行く人々の背中を真っ黒にしていた。亡くなった方々の苦しいうめきがとりついてるのだと思った」(広島で被爆した神父の証言より)

photo138319.jpg (「教科書検定意見撤回を求める沖縄県民大会」にて9/29)
 人が考えて動き始めれば、何かが起こる、変わっていくのですね!
沖縄・集団自決日本軍関与:教科書検定撤回もとめて11万人のうねり(JANJAN 10/1)
★ こちらも犠牲が実を結ぶように祈ります。「特報」のところに、ジャーナリスト長井健司さんが亡くなった状況を詳しく報じたニュース・ステーションの映像などもあります。
Burmainfo:ビルマ情報ネットワーク
ビルマ(ミャンマー)の今、犠牲者は200人超か:NGOの代表は語る(JANJAN 10/1)
★ 本ブログの仲間が、キリスト教信仰と(「政治」を含めた)社会とのかかわりについて考えようとしています。ここのところコメントで話し合われた問題とも関係しますので、ご興味おありの方、是非どうぞ!
講演と分かち合いへのお誘い:「信仰の社会的次元」(聖イグナチオ教会・メルキゼデクの会)
連続企画第2回『自由は危ないのか』シンポジウム(上智大学社会正義研究所)
「社会使徒職とその霊性−第二バティカン公会議後のイエズス会のとりくみ」(ジャン・イブ・カルヴェ)

 田中真紀子氏は、福田総理について、「安倍さんがおじいさんになっただけ…」とコメントしたそうですが…。大臣たちのナショナリズム度は前とほとんど変わりません。憲法問題とのかかわり、慎重に見ていきましょう。
福田内閣の超タカ派大臣たち(子どもと教科書全国ネット21)
10・6集会「どうなる9条改憲?どうする9条実現!-より巧妙に進む改憲化に抗して-(市民の意見30の会・東京)
アーミテージの言葉(天木直人のブログ)
★ 6ヶ月の停職がようやく解けて、本来のお勤めへの出勤がかなったのはよかったですが、今度「君が代不起立」すれば免職確実…。なんとか皆の声で阻止したいです! 
根津公子さんの手紙:停職明け初出勤
★ おそまつな人権意識しかもたない大臣に、ワールド・スタンダードをわきまえさせたい。 
死刑執行停止に関する国際声明にご賛同を
posted by みつのぶ at 22:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。